トラペジウム高山一実【かずみん】小説が面白い!ゴーストライターの噂の真相は?

タレント
スポンサーリンク
スポンサーリンク

乃木坂46の高山一美の小説「トラぺジウム」が発売。

 

乃木坂46の高山一美の初小説「トラぺジウム」が2018年11月28日に単行本発売決定して、話題になっています。

 

高山一美さんの初小説「トラペジウム」はが雑誌「ダ・ヴィンチ」の2016年5月号から2018年9月号まで連載していた初の小説を単行本化したものになります。

 

帯には芥川賞作家の中村文則や羽田圭介と豪華な作家がコメントしています。

 

ネット上では話題になっています!

スポンサーリンク

高山一美のトラぺジウムのあらすじ・評判は?

高山一美のトラぺジウムのあらすじは?

高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは!? 現役トップアイドルが、アイドルを目指す女の子の10年間を描いた、感動の青春小説。

引用:ダ・ヴィンチニュース

高山一美のコメント。

長編執筆の決意をしてから2年半、 バッグには常に原稿が入っていました。 トラペジウムのことを考えなかった日は一度もありません。

どんなメッセージを含ませたいか、 その為にはどうやってストーリーを運んでいけば良いか、 アイドルはどうあるべきか、 主にこの3つを繰り返し自分に問いかけ、 なんとか一冊の本に纏めることができました。

《アイドルの在り方》については主観というより統計かもしれません。 ヒントをくれる人たちが常に近くにいましたので、 環境と時間が答えへと導いてくれました。

夢を与える職業と言われているアイドル。 「小説」は、 その夢の与え方がずっとわからなかった私が、 やっと見つけた可能性です。 どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように。

引用:音楽ナタリー

高山一美のトラぺジウムは「面白い」と評判。

内容はアイドルを目指す女の子の10年間を描いています。

 

これは、現役アイドル高山一美さんが書いていることで、よりリアリティを感じれる小説になっているように感じました。

 

また、「東西南北」でそれぞれ一番綺麗な子を見つけてアイドルグループを作るっていうアイデアも新鮮で読んでいて次が気になる展開に書かれていて読み手を飽きさせず面白い小説に仕上がっています。

 

実際、ダ・ヴィンチ連載時に読んでいた人の感想も面白いと上々でした。

芥川賞作家からも高評価。

 

高山一美さんのトラぺジウムの帯は豪華で、芥川賞作家の中村文則さんと羽田圭介さんがコメントしています。

 

羽田圭介さん

時折あらわれる、鋭い“いじわる”表現が良い
読み始めてすぐ、油断ならない小説だと感じた。これをいきなり書けるのはすごい!

 

中村文則さん

これは一つの青春の終わりから、次の青春へ向かう物語

なかなかの高評価ぶりですよね。

芥川賞作家といえば、大衆小説ではなく、芸術性に優れた純文学作品が受賞される賞となっています。

そんな、芸術性に優れた、芥川賞作家の2人に選ばれるとは、高山一美さんは才能があるとみて良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

高山一美のトラぺジウム、ゴーストライター疑惑。

実はデビュー作にも関わらず、早くも高山一美さんのトラぺジウムはゴーストライターがいるのではないかと、噂されています。

 

何故そのような噂が出ているのでしょうか・・・?

ゴーストライター疑惑① トラぺジウムは大幅な加筆修正が加えられている。

トラぺジウムは単行本化のために大幅な加筆修正が加えられていると報じられています。

 

その為、加筆修正箇所を選び、指示を出している人がいるはず、さらに「大幅な」という点から、高山一美さん1人で作り上げたとは言えないのではという意見があり、ゴーストライターの噂が出ている原因の1つに考えられます。

 

しかし、単行本化するに辺り、校閲などは、どんな本・作家でもすることですし、それだけでは、ゴーストライターとは言えませんね。

ゴーストライター疑惑② 芸能人の小説家デビューには噂がつきもの。

芸能人として、小説家デビューした方は、芸人の又吉さんや同じアイドルの加藤シゲアキさんなどがいます。

 

又吉さんに関しては芥川賞作家になりましたし、加藤シゲアキさんも小説が映画化されたりと高評価を受けていますが、2人も小説家デビューしてから、ゴーストライターの噂が付きまとっています。

ロスジェ姐(ガーネット) on Twitter
“又吉さんが芥川の候補になったという時に、ツイッター見てたら「芸能人だからってずるい」「どうせゴーストライター」などと書いてる人がいてプロフィールみたら「小説家志望」って書いてあって、色々と救いが無い。暗い気持ちになってそっとその人物のプロフィールを閉じた・・・・。”

勿論、事実無根です。

 

又吉さんも加藤シゲアキさんも、小説の評価や完成度が高ければ高いほど、アイドルや芸人のギャップからゴーストライターを疑われているように感じますね。

 

その為、高山一美さんも同じように感じます。

 

高山一美さんの小説トラぺジウムは芸術性に優れた芥川賞作家からも高評価を受けている作品になります。
その高評価の作品をアイドルの高山一美さんが書いたので、ギャップからゴーストライターの噂が出たと考えられますね。

 

しかし、ゴーストライターの噂が出るということは、それだけ、高山一美さんから書き出された、小説トラぺジウムが素晴らしいということなので、自信をもっていただきたいですね!

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

タレント
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント