大恋愛7話のネタバレ&あらすじと感想は。動画無料はあるの?

ドラマ

大恋愛7話は進展が多くありました。

 

さて、どのように進展したのでしょうか?

 

ネタバレ&あらすじと、7話のポイントと感想、あと見逃した人のために無料で動画を見る方法などを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大恋愛7話ネタバレ&あらすじは?

真司(ムロツヨシ)が急ぎで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしていた。

 

目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない様子で…。

 

失神の原因はわからないと言う侑市(松岡昌宏)に食ってかかる真司を、薫(草刈民代)がなだめるのだった。

 

大事なときに一緒にいられなかったと悔やむ真司。翌朝、尚は、公平とのキスも、真司を認識できなかったこともすっかり忘れてしまっていた。

 

真司は公平を問い詰め、警告するが…。

 

そんな中、真司は小説の続編を書く決心をする。

 

一方、尚は、症状が改善されたらこどもを産みたいと侑市に相談するが、帰宅するとそんな話をしたことも忘れてしまっていて…。

引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

大恋愛7話ポイント① 尚のアルツハイマーが発症

 

6話で尚(戸田恵梨香)はアルツハイマー病前段階、「軽度認知障害MCI」の新薬の治験を希望していました。

 

そして、治験の薬が効けば、真司(ムロツヨシ)との子供を考えたいと思っていました。

 

7話で尚(戸田恵梨香)は新薬の治験の最終検査をしますが、検査結果は悪く、診察の度に行うテストでも点数が格段に落ちていました。

 

侑市(松岡昌宏)の最終診断結果はアルツハイマー病に進行したとのことで、治験の新薬を希望にしていた、尚(戸田恵梨香)と真司は深く落ち込みます。

 

スポンサーリンク

大恋愛7話ポイント② 小池徹平演じる松尾公平役の不穏な動き。

 

小池徹平さんが演じる松尾公平が、明らかに悪意ある行動を続けます。

 

6話の最後に尚は学生の前で講義をする前に、スピーカーのハウリングの音を聴き反射性失神を起こし倒れてしまいます。

 

しかも、それが原因でアルツハイマー病を発症するのですが、なんとその、スピーカーにハウリングの音がするよう仕込んだ犯人は松尾公平だったんです。

 

丁度、学生が講義内容をビデオに撮っており、7話の最後で学生から送られてきたビデオをみて、侑市(松岡昌宏)が知ります。

 

今後、侑市(松岡昌宏)が松尾公平(小池徹平)をどう対処するのか?
また、松尾公平(小池徹平)が尚(戸田恵梨香)にどのように接近してくるのかが、気になりますね。

 

スポンサーリンク

大恋愛7話ポイント③ 尚ママと侑市に新たな恋の予感。

 

尚ママ(草刈民代)はストーリーの中ではずっと気丈にふるまい、尚(戸田恵梨香))を支えてきました。

 

しかし尚ががアルツハイマー病に進行したと聞き、一人で泣き崩れてしまします。

 

尚がはじめて病気と分かったときも、夫が亡くなったときも、尚ママ(草刈民代)は泣きませんでした。

 

一度だけ、尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)が結婚の報告をしたときに涙を流しましたが、今回の尚(戸田恵梨香)のアルツハイマー進行が分かり、感情を抑えられなくなったとき、はじめて泣き崩れまたんですね。

 

その後、尚ママ(草刈民代)は一人ホテルのラウンジで呑みつぶれます。

 

偶然同じラウンジにいた、侑市(松岡昌弘)の父親から尚ママ(草刈民代)が呑みつぶれて、『見てられないから、助けてあげなさい』と電話があり、その呑みつぶれた、尚ママ(草刈民代)の元に侑市(松岡昌弘)がきて、少し一緒に呑み、その後、尚ママ(草刈民代)をタクシーに乗せて別れます。

 

別れ際に侑市(松岡昌弘)は尚ママ(草刈民代)に『また一緒に呑みたい』と伝えます。

 

ドラマの中で尚ママ(草刈民代)は医師として一貫して侑市(松岡昌弘)を信用・信頼していました。

 

それは、尚(戸田恵梨香)がアルツハイマー病を発症したときも変わりませんでした。

 

真司(ムロツヨシ)が侑市(松岡昌弘)が依頼した学生講義のせいで反射性失神を起こし病気の発症の原因を作ったときも、尚ママ(草刈民代)は医師として侑市(松岡昌弘)は優秀で十分すぎる位やってくれてると

 

そんな、尚ママ(草刈民代)の医師としてそして、母親としての芯の通った姿に侑市(松岡昌弘)の心が動いたのかも知れません。 

スポンサーリンク

大恋愛7話ポイント④ 真司が小説が映画化・続編を書くことを決意。

 

尚(戸田恵梨香)と結婚する際、真司(ムロツヨシ)は小説『脳みそとアップルパイ』を書くつもりはありませんでした。

 

しかし、尚(戸田恵梨香)との新婚生活で、一時的でも尚(戸田恵梨香)が名前を忘れてしまったり、「子供を作ること」「小説での編集のやり取り」「同棲していたアパート」「2人の思い出の橋」など、2人で話したや思い出をどんどん忘れていく様子は、真司(ムロツヨシ)にとって、予想していた以上につらいものでした。

 

その経験から真司(ムロツヨシ)はこの気持ちを小説に書きたいと強く感じ、続編を書くことを決意して、尚(戸田恵梨香)に報告し、続編小説のタイトルが決まれば、一番に伝えることを約束します。

 

同じころ、編集担当から連絡があり、小説「脳みそとアップルパイ」の映画化が決まったと連絡があります。

スポンサーリンク

大恋愛7話ポイント⑤ 子供を作ることを決意。

 

尚(戸田恵梨香)は当初、記憶を失っていく母親を持つ子供が不憫なので、子供は作りたくないと話していました・・・。

 

しかし孤児で家族に対する憧れが人一倍強い真司(ムロツヨシ)の気持ちを徐々に知り、治験の新薬がもし効けば子供を作ることを考えると尚(戸田恵梨香)は話していました。

 

ところが、尚(戸田恵梨香)はアルツハイマー病を発症します。

 

そこで、尚(戸田恵梨香)に新たな感情が生まれます。

 

それは、『たとえ全てを忘れてしまっても、生きた証を残したい。』
真司(ムロツヨシ)との子供を作って、少しでも3人で穏やかな生活を送りたいという願いでした。

 

最後2人は泣きながら抱き合い、大恋愛7話が終わります。

スポンサーリンク

大恋愛7話の感想は?

尚(戸田恵梨香)のアルツハイマーが発症してしまいましたね。

 

ドラマなので、アルツハイマーは発症するとは分かってはいましたが、真司(ムロツヨシ)と尚(戸田恵梨香)の純愛をみていると、ついつい、発症せず終わってほしいと願ってしましましたので、やはり来たか!という感じでした

 

しかし、尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)は2人の子供を作ることで、希望を捨てずに、新たな希望や願いを持とうとする姿には感動しました。

 

あと、松尾公平(小池徹平)がとにかく怖い!

 

自分が「軽度認知障害MCI」で同じ病気の尚(戸田恵梨香)の気持ちを一番に分かっているのは自分だと思い込み、尚(戸田恵梨香)に近付こうとする姿がとにかく気持ち悪いですね。

 

今後どのように、尚(戸田恵梨香)に接近していくのか注目ですね。

 

スポンサーリンク

大恋愛7話を見逃した場合の無料動画配信は?

最後に大恋愛7話を見逃してしまった人のために、動画配信でみる方法を紹介したいとおもいます。

 

Paravi【パラビ】に登録すると、大恋愛をみることができます。
他にも人気のドラマ・映画・バラエティ番組も楽しむことが出来ます。

 

Paravi【パラビ】は月額925円の動画配信サービスですが、登録月は無料で楽しむことができます。

 

↓Paravi【パラビ】はこちらから登録できます

 

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

 

ドラマ
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント