大恋愛8話【戸田恵梨香】公平【小池徹平】と決着!ネタバレ&感想は?

ドラマ

ドラマ大恋愛面白くなってきましたよね~。

 

ストーリーは過酷な現実という試練と希望が交差する、ますます見逃せない展開になってきました!

 

早速ドラマ大恋愛の8話のネタバレ&あらすじを見ていきましょう!
(大恋愛を見逃した人のために、見逃し配信もさいごに紹介しますね。)

 

→大恋愛9話のあらすじ&ネタバレはこちらから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ大恋愛7話のネタバレ&あらすじは?

『大恋愛〜僕を忘れる君と』11/30(金) #8 大切なミッション…試される夫婦の愛【TBS】
だんだんと病状が進行していく尚(戸田恵梨香)だったが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意した。
産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々。一方、侑市(松岡昌宏)は、診察に訪れた公平(小池徹平)に尚のスピーチのときの映像を見せ、ほかの患者に危害を加えるならばほかの医師を紹介すると注意するが、公平は了承せず…。
そんな中、尚は薫(草刈民代)に子どもを産むことにしたと報告に行く。
子どもには断固反対していたはずの薫だったが、すんなりと受け入れた様子を見て、尚と柚香(黒川智花)は“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐる。
その帰り道、スーパーで買い物をしていた尚の前に公平が現れて、何も知らない尚は…。本の売れ行きが好調な真司は取材が殺到し、担当編集者の水野(木南晴夏)がかいがいしく世話を焼いていた。
尚が自宅に帰ると、玄関にハイヒールがあり、部屋から出てきた水野と鉢合わせしてしまう…。引用:公式サイト
スポンサーリンク

大恋愛8話のポイント⑦ 尚【戸田恵梨香】の妊娠への伏線

大恋愛の8話で尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)は、子供を身ごもる為に、基礎体温を図り始めたり、食事を意識したりと幸せな日々を送ります。

 

大恋愛7話の最後、尚(戸田恵梨香)のアルツハイマー病の発症が発覚。

 

尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)は絶望の中、2人の思い出の場所を一緒に歩きます。

 

一緒に歩いている間も、2人で一緒に住んでいたマンションや、尚(戸田恵梨香)が大ファンの小説家が真司(ムロツヨシ)であると分かった橋など、思い出の場所を尚(戸田恵梨香)はすっかり忘れており、胸が痛くなる展開でしたね・・・。

 

しかし、そんな絶望の中、尚(戸田恵梨香)『真司の子供が産みたい。少しでも長く真司とその子と3人の平和な暮らしが持てたら、私も少しは生まれてきた甲斐があったかなって思えるなって・・・』言います。

 

真司は『人生は不思議だ、最悪の日に、最高の未来が見えることもあるのだと僕は知った』と思ったところで終わりました。

 

そして、大恋愛の8話で妊娠には至りませんでしたが、9話で妊娠すると予想します!

 

スポンサーリンク

大恋愛8話のポイント② 公平(小池徹平)と決着

 

大恋愛の7話で尚(戸田恵梨香)がアルツハイマー病を発症した原因の可能性として、学生の前で、講義をする前にハウリングの音を聞き反射性失神を起こし倒れたことがありました。

 

ハウリングは事故だと考えられていたのですが、公平(小池徹平)が故意的に行った悪意ある行動でした。

 

軽度認知症障害である公平(小池徹平)は尚(戸田恵梨香)の気持ちが分かるのは自分だけだと勘違いして、8話でも尚(戸田恵梨香)の行動を監視して偶然を装い近付きます。

 

そして、真司(ムロツヨシ)が気付かない間に、公平(小池徹平)は尚(戸田恵梨香)は一緒にカフェでお茶を飲む仲になりました。

 

お茶をした後の、公平(小池徹平)が尚(戸田恵梨香)の姿を偶然みた木村(宮澤明男)から聞かされ、真司(ムロツヨシ)は知らない間に、公平(小池徹平)が尚(戸田恵梨香)に近づいていることを知り、帰宅後、尚(戸田恵梨香)に強く当たります。

 

尚(戸田恵梨香)は自分を信じていないと思い、上着も着ず、携帯も持たずに家を飛び出します・・・。

 

外では、尚(戸田恵梨香)の行動を監視するために公平(小池徹平)が待ち構えており、偶然を装い声を掛けます。

 

そして、睡眠薬を大量に入れたコーヒーを『身体があたたまるから・・・』と心配を装い尚(戸田恵梨香)に飲ませます。

 

実は公平(小池徹平)は、病気になり人生に絶望しており、同じ境遇の尚(戸田恵梨香)と心中しようとしていました・・・。

公平(小池徹平)から連絡があり急いで駆けつけた真司(ムロツヨシ)は公平に襲いかかりますが、尚(戸田恵梨香)が止めに入ります。

尚(戸田恵梨香)は睡眠薬入りのコーヒーを飲んだフリをして、真司(ムロツヨシ)を待っていました・・・。

公平(小池徹平)は睡眠薬入りのコーヒーを飲んだフリをした尚を見て、自分を信じてくれていなかったことに落ち込んでいる公平(小池徹平)に尚は言います。

 

『私達の病気の唯一いいところは忘れられる所です。いつか私達はお互いが出会ったことも忘れます。どうか、私のことは忘れてください・・・』といいます。

 

公平(小池徹平)は『忘れたくない思い出もあるのにな・・・』『バイバイ!』と笑顔で去ります。

スポンサーリンク

大恋愛8話 感想は?

 

大恋愛の8話、とても面白かったですね!

8話のラストで真司(ムロツヨシ)と尚(戸田恵梨香)の会話のシーンがありました。

 

真司『尚ちゃんといると本当に疲れる!すっごく疲れる!』

『でも尚ちゃんじゃなきゃ、尚ちゃんじゃなきゃ、尚ちゃんじゃなきゃ、絶対嫌なんだ。』

『僕らはお互いじゃないと駄目なんだよね・・・』

尚 『じゃあ、これからもっともっと疲れさせてあげるね♡』

 

とてもアルツハイマー病を患っている夫婦の会話とは思えない位、幸せそうで、前を向いているのが分かり、ジーンと感動してしまいました。

 

尚(戸田恵梨香)がアルツハイマー病なので、二人の試練はまだまだ続きますが、何とか乗り越えて欲しいですね。

 

8話を観たネットの感想は?

 

スポンサーリンク

大恋愛8話の見逃し配信は?

 

最後に大恋愛7話を見逃してしまった人のために、動画配信でみる方法を紹介したいとおもいます。

 

Paravi【パラビ】に登録すると、『大恋愛』をみることができます。

 

Paravi【パラビ】はTV番組・映画・ドキュメンタリー等を視聴できる、動画配信サービスです。

 

同シーズン放送中の『中学生日記』や『下町ロケット』も配信しています。

登録するとコンテンツが見放題で、映画やドラマはどんどん更新されるので、いつでも新しい作品を楽しむことが出来ますよ。

 

Paravi【パラビ】は月額925円の動画配信サービスですが、登録月は無料。その間に解約すれば一切費用はかからないので安心ですね!

 

↓Paravi【パラビ】はこちらから登録できます

 

 

スポンサーリンク

大恋愛8話のまとめ

ドラマ『大恋愛8話』は公平(小池徹平)と決着がついて終わりましたね。

公平はなかなかサイコパスな役柄でしたが、小池徹平さんは見事に演じきって引き込まれてしまいました。

 

公平(小池徹平)の問題が片付いたことで、いよいよ9話から物語のラストに向かって行くと考えられます。

 

アルツハイマー病が進行する中で、尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)は何を想い、何に気付き、何を選ぶのか・・・。

 

ドラマ『大恋愛』ますます目が離せませんね!

 

→大恋愛9話のあらすじ&ネタバレはこちらから。

 

最後までお読みいただきましてまことにありがとうございました。

ドラマ
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント