映画「クレイジーリッチ」挿入歌と内容、キャストは?25年ぶりオールアジアン実現!

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画 クレイジーリッチ

全米映画ランキングでV3を達成、総興行収入1億ドルを突破した大ヒットの作品です!

なんと、「クレイジーリッチ」はメインキャストが全員アジア人となっています!
ハリウッド映画のメインキャストをアジア人でかためているのは、25年ぶりの大変珍しい作品になります。

しかも、公開してから3週連続 第一位で大ヒットの快挙!

 

日本での公開日は2018年9月28日(金)全国ロードショーとなっています。

今回は、日本でも話題になること間違いなしのクレイジーリッチの魅力を伝えいきます!!

 

 

クレイジーリッチのあらすじは?

ケビンクワンによるベストセラー小説「クレイジー・リッチ・アジンズ」を映画化したロマンスコメディになります。

生粋のニューヨーカー、レイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)は、長年の恋人ニック・ヤン(ヘンリー・ゴールディング)が親友の結婚式に出席するというので、一緒にシンガポールへ向かう。初めてのアジア旅行に胸を躍らせながらも、それまでニックが家族の話を避けているように感じていたレイチェルは、彼の家族に会うことにとても緊張していた。出発当日、空港で案内された先はファーストクラス……なんとニックは、かの国でもとりわけ裕福な一族の御曹司であるだけでなく、社交界の女性たちから超人気の独身男のひとりでもあったのだ。そんなニックの恋人として現れたレイチェルには、嫉妬深いお嬢さまたちからのキツーい視線が突き刺さる。さらに悪いことに、ふたりの交際をよく思わないニックの母親(ミシェル・ヨー)が仲を裂こうと画策し始める。そんななか明らかになってくるのは、お金で愛は買えないが、お金の存在は物事を断然複雑にするということだった…。

引用:クラブワーナー

クレイジーリッチの見どころは?

通常ラブストーリーは白馬の王子様のような、超人気の御曹司と付き合ったらハッピーエンドで終わりという、シンデレラストーリーが一般的ですよね。

しかし「クレイジーリッチ」の場合は真逆で、既に御曹司の彼と付き合っている所、シンデレラになってからストーリーがはじまります。

御曹司の母親に反対され、元カノも現れ、女の友情も信じられなくなる・・・

御曹司と付き合う羨ましさよりも、お金の存在は物事を複雑にする という、言うなれば、シンデレラの大変さにフォーカスしており、新しい切り口でストーリー展開していきます。

ロマンスコメディなので、「笑いあり」「涙あり」「ときめきあり」明るく楽しみながら、
また、御曹司の彼を持つ、主人公が最後に何を感じて、一番大切な物は何かを気付くところが、見どころではないでしょうか。

 

クレイジーリッチのキャストは?

「クレイジーリッチ」のメインキャストは全員アジア人となっています。

日本人からしたら、親しみやすく、普段ハリウッド映画などの洋画を観ない方でも、違和感なく観れる作品になっているのではないでしょうか。

コンスタンス・ウー

主人公: レイチェル・チュウ役
中国名 呉 恬敏
「Fresh Off the Boat」ジェシカ・ファンの役が有名な台湾系アメリカ人
まだ、日本では知られていない女優ですよね。
別途記事にしていますが、下積み時代の長い女優です。

→映画「クレイジーリッチ」ヒロインのレイチェル役のコンスタンス・ウーを徹底解説!

ヘンリー・ゴールディング

レイチェル・チュウの彼で御曹司:ニック・ヤン役
マレーシア人

なんと、ヘンリー・ゴールディングは俳優経験のない新人なんですね。
今回のニック・ヤン役は大抜擢キャスティングなんです。

それにしても、映画初出演にして、ハリウッド映画のヒロインの相手役とは凄いですよね・・・。

大抜擢にして大ヒット、「クレイジーリッチ」が彼の代表作になりましたね。

→「クレイジーリッチ」ニック・ヤン役のヘンリー・ゴールディングを徹底解明

 

ニックの家族役

・ジェンマ・チャン
 アストリッド・レオン=テオ役

・リサ・ルー
シャン・スー・イー役

・ミシェル・ヨー
エレノア・スン=ヤング役

・ロニー・チェン
エディ・チェン役

・ヴィクトリア・ローク
フィオナ・タン=チェン役

・レミー・ハイ
アリスター・チェン役

・ニコ・サントス
オリヴァー役

・セレーナ・タン
アレクサンドリヤ・ヤング役

・ジャニス・コー
フェリシティ・ヤング

レイチェルの友人・家族

・陳瓊華
ケリー・チュー役

・オークワフィナ
ゴー・ペイク・リン役

・ケン・チョン
ゴー・ワイ・ムン役

・コー・チェン・ムン
ニーナ役

ニックの友人

・クリス・パン
コリン・コー役

・ソノヤ・ミズノ
アラミンタ・リー役

・ジミー・0・ヤン
バーナード・タイ

・ジン・ルージ
アマンダ・リン役

 

クレイジーリッチリッチの挿入歌は

オープニング・クローズソング Cheryl Koh /  Money
Cheryl Koh は、マレーシア生まれ、ロサンゼルスを拠点とするシンガーソングライター

予告に使用されている曲 Maxhkemore ft .Skylar Grey / Glorious

主題歌を歌うCheryl Kohは、オーディションで決定したそうで、まだ有名な歌手ではないようですね。
でも、日本でも話題になること間違いなしの「クレイジーリッチ」の主題歌を歌っているので、今からチェックしておくと良いかも知れませんね。

サウンドトラックも発売中なので要チェックですね!

クレイジーリッチの監督は?

 

アジア系アメリカ人のジョン・M・チュウ監督になります。
「ジョンリュージョン見破られたトリック」等が有名な監督になります。

ハリウッド映画では、原作はアジア人だけど、ハリウッドでリメイクされると白人俳優が起用されることがほとんどです。
しかし、映画「クレイジーリッチ」はハリウッド映画、25年ぶりにメインキャストをオールアジア人を実現して話題になっている映画です。

これは、アジア系アメリカ人のジョン・M・チュウ監督自身が、自ら監督を名乗り出て、オールアジア人のキャスティングを実現させたためと言われています。

 

「クレイジーリッチ」は原作「クレイジー・リッチ・アジンズ」3部作になります。

今回の大ヒットで、既に米ワーナー・ブラザースが、続編を決定しているとのことです。

 

予告を観ましたが、ハリウッド映画らしく華やかで明るくて、気分が一気に上がりそうなラブロマンスのようですね!
日本でも大ヒット間違いなしのクレイジーリッチ、今から本当に楽しみです!

 

さいごまでお読みいただきまして誠にありがとうございました。

映画
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント