主演2人の演技力が高評価!漫画原作の映画「累-かさね-」の評判と内容は?

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画「累-かさね-」を観た人の評判は?

2018年9月7日公開、土屋太鳳と芳根京子の二人がW主演の映画「累-かさね-」のキャストとあらすじ、評判を解説していきます。

「キスをしたら顔が入れ替わる」というアイデアを元に原作が作られた映画です。

醜いが類まれな演技の才能を持つ累と絶世の美貌を持つが演技の才能がないニナという2人の女性が織りなすストーリーです。

映画「累-かさね-」の評判を紹介する前に、キャストとあらすじを簡単に紹介します。

映画「累-かさね-」のキャストは?

■丹沢ニナ(土屋太鳳)
絶世の”美”を持つ女性。
ある理由から舞台女優として目が出ず、”累”と秘密の契約を交わす。

■淵累 (芳根京子 )
自分の容姿に強いコンプレックスを持つ女性。
伝説の女優を母に持ち、天才的な演技の才能を持っている。

■羽生田欽互 (浅野忠信)
累の母、透世に世話になっていたという、謎の多い男性。
口紅の力を知る、唯一の人物でもある。
ニナと累を引き合わせる。

■淵透世 (壇れい)
絶世の美貌と類まれな演技の才能を併せ持つ伝説の大女優。
累の母。故人。

■烏合零太 (横山裕)
新進気鋭の舞台演出家。
ニナと累が共に思いを寄せる男性。

■淵峰世 (筒井真理子)
累の伯母。
透世が亡き後、遺産目当てで累を引き取るが醜い累を蔑んでいる。

■富士原佳雄 (筒井國夫)
世界的に有名な演出家。透世や羽生田とは旧知の仲。

 

「累-かさね-」あらすじは?

伝説の女優を母に持つ淵累は、天才的な演技力を持ちながら、顔に大きな傷がある自身の容姿に強いコンプレックスを抱きながら生きてきた。一方、舞台女優の丹沢ニナは美貌に恵まれながらも花開かず、女優として大成することに異常な執念を募らせていた。累の手元には、その口紅を塗ってキスをすると顔が入れ替わるという、母が遺した1本の不思議な口紅があり、ある日、導かれるように出会った累とニナは、互いの足りない部分を埋めたいという目的のため、口紅の力を使って入れ替わることを決断する。

引用:映画.com

「累-かさね-」の原作漫画は話題作?

「累-かさね-」、松浦だるまの漫画が原作になっています。

12巻の時点で累計発行部数を200万部を突破した超人気漫画です。

過去に多くの受賞歴があります・・・
・2009年・2012年イブニング新人賞で2回優秀賞を受賞
・第39回講談社漫画賞一般部門にノミネート
・全国書店員が選んだオススメコミック2015年 9位
・次にくるマンガ大賞2015「これから売れて欲しいマンガ」部門 10位

上記から分かるように、かなりの高評価を受けている作品になります。

原作の漫画「累-かさね-」はすでに完結しています。

「累-かさね-」の評判・口コミは・・・?

映画「累-かさね-」を実際観た人たちの評判をまとめてみました・・・。

■良い評判

①主演2人の演技力が高評価

・一言で言い表すと「演技対決」演劇ものとして観るならばさらに優れた作品はほかにもあるとは思いますが、兎にも角にも二人の演技に引き込まれる。

・自らのエゴを剥き出しにした狂気をはらんだ表情や舞台「サロメ」を演じているときののめり込んだ演技、主演2人の今までのパブリックイメージを脱却するような生々しい演技が見物。

②土屋太鳳のダンスシーン

・土屋太鳳のダンスシーンでの妖艶さが見事に表現されている。

・普段ダンスに興味はないけど、見入ってしまった。

③檀れいや浅野忠信の演技力

・主演2人ほどの目立つ演技ではないが、上手い。良い意味で、主演を引き立てている。

④上映時間

・2時間があっという間に感じた

・トイレに行くタイミングを忘れるぐらい集中して観ていた

 

■悪い評判

①キャスト

・芳根京子が美しいので、醜い容姿役には無理がある・・・。

②原作の世界観について
・原作の内容が端折られ過ぎていて残念だった。
・主役の背景をもっと表現して欲しかった

③ラスト

・終わり方が中途半端で不完全燃焼

「累-かさね-」の評判のまとめ

評判や口コミをリサーチして感じたことは
とにかく主演二人の演技力が高評価!ということです。

今まで清純派の役を演じてきた2人が良い意味で脱却しているという評価が大半でした。

悪い評判に関しては、原作のある映画だと仕方のない意見ですが
「原作の世界観が表現出来ていない」が大半でした。

原作の累は、醜く、他の登場人物とはタッチも変えて表現されているので、その部分から、
芳根京子の演技は上手いけど、美しすぎるという意見もありました。

 

でも、悪い口コミを探すのが大変なぐらい、とても評判の良い映画です。

 

原作を知らずに観た人の、ほとんどが好評でした・・・。
その証拠に、現時点での、ヤフー映画の評価は 3.72点 と高評価です。

主演二人の代表作になるかも知れませんね!

 

さいごまでお読みいただきまして誠にありがとうございました。

 

映画
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント