ぼくらの時代 石田×有働×角田、仕事・結婚願望など共感・印象的なコメント集。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ボクらの時代」石田ゆり子×有働由美子×角田光代 対談

2018年9月23日放送の「ボクらの時代」(日曜前7・00)は

女優の石田ゆり子(48)
3月いっぱいでNHKを退社したフリーの有働由美子アナウンサー(49)
直木賞作家の角田光代氏(51)

同世代の3人で対談がありました。

有働アナが司会していた、朝イチに石田ゆり子さんがゲストで出演。

NHKのプロデューサーをしているという石田ゆり子の義弟から有働アナを紹介され、その後、すぐに有働アナの自宅でのホームパーティーに呼ばれてから親交が深まったそうです!

そんな3人の対談は女性トークというより、男性的で、等身大のコメントが印象的で共感できました。

ではどんな、展開で話が進んだのでしょうか?

印象的で共感を呼んだ、3人のコメントをまとめて紹介していきたいと思います。

仕事に対して・・・

3人とも第一線で活躍している女性ですが、仕事について語っていました。

有働アナ

「マスコミに入社したときは男社会だったので男脳でやるしかなかった」「そのことでいろんな問題を残してしまったのかもしれない・・・」

「(仕事は)100歳くらいまで、できるものならやりたいです。出ている仕事か、作る仕事かなのかはわからないですけど、働くっていう意味では100くらいまでは・・・」

「基本的に視聴者からダメ出しが来ない日あんのかな、ぐらい。そうすると、それを言わせないような放送をしてやろう、ってなって、本末転倒になるんですよね。今日は感情は出さないぞ、ってガチガチになっちゃう。どの敵と戦ってんだ、みたいになる」
石田さん
私は、色んな評価はあんまり気にしないです。
元々水物というか・・・。わーっと持ち上げられるときもあれば、全然そうじゃないときもあるのを知っているので。
そういうものを頼りにしないようにしようっていうか。じゃないとどんどん流されて、自分が駄目になるのがわかるので・・・」

「毎日寝る時間も起きる時間も行く場所もやってる事も違うのでクタクタです。」

「華麗に年を取りたい♡」

 

有働さんの、ストイックな一面と、石田さんの芯をしっかり持ってるケド、マイペースなコメントが印象的でした。

 

人との距離感について・・・

石田さん「正直、ずっと誰かといると疲れる」

人との距離感について、話していました。
どんなに、気が合いそうな人や、大好きな異性でもずっと一緒にいると疲れるという意見に共感出来る方も多いのではないでしょうか?

結婚・出産願望について・・・

有働アナ

「子供産んどきゃよかった」

石田さん

「たった一人でくらしてくって不自然。誰かを支えたいし支えられたい」
「上手に人を頼れるようなりたい」
「一度くらいは誰かのお嫁さんになってみたい」

 

仕事に真摯に向き合っていた、有働さんの等身大のコメントに対して、石田さんの素直なコメントが印象的でしたね。

世間について・・・

角田さん「ネット世界の正義がこわい。誰かを中傷するとかじゃなく、真っ当な事が書かれてたはずなんだが、まごう事なき正義が怖い」

「自分は正義だと思っても、それが正しいとは限らない。傷つけるのは悪意だけではない。」

石田さん
「インスタではクスッと笑えるものを求めていたのに、勝手に皆が論じ合う、攻撃性が怖い」

 

正義も人を傷つける。正義が怖い。


石田さんは自身の批判コメントも気にされるそうです。

色々な仕事現場で怒られたり、怒鳴られた経験があるとも以前お話されていましたが、
ネット上の見えない相手に対しては、3人共、恐怖心があると話されています。

まとめ

ボクらの時代の3人の印象的なコメントをまとめてみました。

3人とも、魅力的でとても輝いていますが、今回の放送の3人は、等身大で共感できたのではないでしょうか・・・?

今後の3人の活躍にさらに期待したいですね。

 

さいごまでお読みいただきまして誠にありがとうございました。

 

 

未分類
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント