高橋一生、相川一輝役で連ドラ初主演。榮倉奈々と恋愛関係に発展?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高橋一生 民法連ドラ初主演!

2018109日(火)からはじまる、「僕らは奇跡でできている」にて、民法連ドラ初主演で、高橋一生さんが主演します。

今回は、「僕らは奇跡でできている」の簡単な説明と、高橋一生さん演じる主人公と榮倉奈々さん演じるヒロインについて記事にしたいと思います。

「僕らは奇跡でできている」を簡単に紹介

動物のことになると、他のことが考えられす、時間が守れない・人の話を聞かない・空気が読めない、大学講師の相川一輝の日常を描く、人間ドラマになります。

一見、非常識な主人公ですが、好きなものにひたむきな姿が、まわりの登場人物にすこしずつ影響を与えていきます。

主演 高橋一生の役は?

高橋一生さんは、主人公で、動物に目がない大学講師、相河一輝を演じています。

役の相河一輝に対して、自分らしさを持っており、「人間らしくてチャーミング」と表現、高橋一生自身も、どちらかというと「変わり者」でありたいと、TV雑誌インタビューで答えていました。

高橋一生さんは実は、子役デビューなので芸歴が長い役者になります。

ドラマ・映画・舞台・CMと幅広い分野で活躍、大河ドラマ「直虎」や「民王」「カルテット」でも高い演技力で有名な役者の一人で、今回の民法連ドラ初主演は、満を持してといえますね。

榮倉奈々演じる水本育美とは恋愛に発展するの?

「僕らは奇跡でできている」は原作のないオリジナルストーリーになります。
そのため、現段階で、高橋一生演じる相川一輝と、榮倉奈々さんが演じる水本育美が、恋愛関係に発展するかは分かりません・・・。

ですが、脚本は橋部敦子さんが手がけています。
橋部敦子さんといえば、ドラマ「僕の生きる道」「フリーター、家を買う。」が有名ですね。
2作品とも、恋愛かなりは少なめでしたが、「フリーター、家を買う。」では最後に主人公とヒロインが付き合って終わりました。

そのため、「僕らは奇跡でできている」も恋愛模様はかなり少ないのではと考えられますが、もしかしたら、最後に付き合ってハッピーエンドとかもあり得るかもしれませんね。

その辺りも楽しみに観ていきたいですね。

さいごまでお読みいただきまして誠にありがとうございました。

未分類
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント