「おとぎ話を忘れたくて」結末が面白いと話題。キャストや登場人物【原作あらすじも】

Netflix
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「おとぎ話を忘れたくて」面白いと話題。原作・キャスト・登場人物・結末が気になる!

「おとぎ話を忘れたくて」は動画配信サービスNetflixにて2018年9月21日から配信されているラブコメディ映画になります。

 

こちらの映画は、配信されて間もないのですが、女性から「元気がでる」「面白い」「良作」と早くもネット上で話題になっているんです。

 

今回はそんな面白いと話題のNetflix最新映画「おとぎ話を忘れたくて」の原作・キャスト・登場人物・結末について記事にしました!

 

「おとぎ話を忘れたくて」原作・あらすじは?

原作

「おとぎ話を忘れたくて」は”トリシャ・R・トーマス”が2001年に発売した小説「Nappily Ever After」が原作になっています。

 

「Nappily Ever After」直訳すると「ずっと縮れ毛のままで」ですね。

 

小説は現在9巻まで発売されており、「おとぎ話を忘れたくて」は1巻の内容になります。
そのため、人気が出ると、「続編も・・・」となるかも知れませんね!

 

洋書で、日本語訳を探しましたが、現時点では発売されていないようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nappily Ever After【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】
価格:2695円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

 

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nappily Ever AfterA Novel【電子書籍】[ Trisha R. Thomas ]
価格:1434円 (2018/10/8時点)

 

楽天で購

 

あらすじ

主人公のヴァイオレットは黒人でチリチリのヘアーです。

 

しかし、チリチリのヘアーがコンプレックスで、子供の頃から並々ならぬ手間とお金をかけてツヤツヤストレートヘアーを保っています。

 

そんなヴァイオレットは、美容も仕事も恋愛も頑張り全て完璧を目指し、実現させていました。

 

ヴァイオレットは、自分の誕生日に、理想の彼氏からプレゼントに婚約指輪を期待していたのに、実際プレゼントされたのは”子犬”でした・・・。

 

そこから、全て完璧を目指していた彼女の人生の歯車が狂いはじめます・・・。

「おとぎ話を忘れたくて」結末はどうなるの?ネタバレあり。

主人公はヴァイオレットは、最愛の恋人クリントが、誕生日に婚約指輪をプレゼントされなかったことに、傷付きます。

 

クリントに理由をきくと、「完璧すぎる」「付き合って2年も経つのにヴァイオレットのことを何も知らない」でした。

 

ヴァイオレットは怒り、恋人クリントと別れます・・・。

 

そこから、仕事が上手く行かなくなったりと、完璧なヴァイオレットの人生が狂い始めます。

 

並々ならぬ努力の綺麗な黒髪ストレートをブロンドカラーに染めたり、セクシー衣装を着てみたりと、色々と試しますが、空回りにおわります。

 

ヴァイオレットは、努力を重ねて積み上げてきた人生を否定された気持ちになり、自分自身に嫌気がさしてきます。

 

そんなある日、彼女は今まで大切にしてきた「髪の毛」をバリカンでそって丸坊主にします。

 

丸坊主したことをキッカケに、”自分らしく・ありのまま”生きることを目指しはじめます。

 

そんな中、一人の男性 ウィルと出会い親密な仲にもなりはじめます。

 

外見のコンプレックスを抱えて生きていたヴァイオレットは丸坊主にすることで、「自分らしく生きることの大切さ」に気付き、内面もどんどん変わり、輝いていきます。

 

そんな、以前より輝きを増したヴァイオレットの魅力に元恋人のクリントも気付き、再度彼女にアタックします。

ヴァイオレットはウィルと良い感じになりながらも、以前の最愛の恋人クリントを選びます・・・。

しかし、実際によりを戻すと、クリントも以前のヴァイオレット同様、完璧主義な男性だと分かります。

ヴァイオレットは、完璧主義なクリントに違和感を感じ、別れを選びます・・・。

 

最後、ヴァイオレットは誰とも結ばれませんが、「自分らしく生きる」という、彼女にとってもっとも大切な「自分」を選択します。

 

「おとぎ話を忘れたくて」キャスト・登場人物は?

サナ・レイサン(主人公:ヴァイオレット・ショーンズ役)

映画「エイリアンVSプレデター」でヒロイン役を演じていることで有名。
「世界で最も美しい顔」に毎年ランクインしている。

本作では、外見(特に髪)に強いコンプレックスを感じている主人公。
母親の影響で、完璧主義を目指し並々ならぬ努力をしているが、失恋をキッカケに本当の自分について考えはじめる。

 

アーニー・ハドソン(リチャード・ジョーンズ役)

「ゴースト・バスターズ」のウィントン・ゼットモア役を演じたことで有名。
ユーモラスな演技に定評がある。

本作では、主人公ヴァイオレットの父親。
自由奔放な性格でヴァイオレットのよき理解者。

リリク・ベント(ウィル・ライト役)

「ソウ2」からダニエル・リック刑事役を演じている。
最近では「ルーキーブルー新米刑事奮闘記」フランク・ベスト役でレギュラー出演している。

本作では、ヴァイオレットが通っていた美容室の店長。
バツイチで娘のゾーイを育ている

リン・ウィットフィールド(ポーレット・ジョーンズ役)

ヴァイオレットの母親。
「完璧じゃないと幸せになれない」とヴァイオレットにコンプレックスを植え付けた張本人でもある。
夫、ジョーンズとの仲は険悪で、坊主頭にしたヴァイオレットに失望する。

リッキー・ウィルト(クリント役)

 

ヴァイオレットと2年付き合った恋人の医師。

カミーユ・グアティ(ウェンディ役)

ブリトニー・S・ホール(ナターシャ役)

ダリア・ションズ(ゾーイ・ライト役)

「おとぎ話を忘れたくて」面白いと話題。原作・キャスト・登場人物・結末は?まとめ。

「おとぎ話を忘れたくて」面白いと話題。原作・キャスト・登場人物・結末は?を記事にしました。

 

女性は男性よりも、”若さ”や”見た目”の外見に対してのコンプレックスを感じやすい気がします。

「おとぎ話を忘れたくて」はそんなコンプレックスを感じて生きている女性に是非観ていただきたい作品だと思いました。

理想の彼氏から指輪ではなく、子犬をプレゼントされたことをキッカケに主人公の思い描いていた人生が崩れていきます。

しかし、崩れたからこそ、主人公は本当に何が大切で本当の自分は何をしたいのか・・・?
考えるキッカケを得ることができます。

個人的に、人生の転機というのは、良いことよりも悪いことをキッカケに起こることが多い気がします。

「おとぎ話を忘れたくて」は、ありのままの自分でいられることが、その人にとって一番輝ける方法で、そのありがたさや、受け入れてくれる人達と過ごせる幸せを私達に伝えてくれます。

ちょっと人生に疲れたり、悩んだ時、自分を見つめ直したいときに観て欲しい映画です。

 

「おとぎ話を忘れたくて」は動画配信サービスNetflixで観ることが出来ます!

1ヶ月無料体験というのがあるので、無料で試されるのもオススメですよ。

 

さいごまでお読みいただきまして誠にありがとうございました。

Netflix
スポンサーリンク
7をフォローする
エンターテイメントニュース7

コメント